アマゾンの朗読サービスを無料体験して最大3000円ゲット!
Kucoin

【Kucoin仮想通貨その1】Kucoin Shares(KCS)

Binanceほど有名ではありませんが、シェアを伸ばしてきているKucoin銘柄も紹介していこうと思います。
そもそもKucoinって?という方はコチラの記事をどうぞ。

第一弾はKucoin Shares(KCS)です。

 

KCSの基本情報

・名称;Kucoin Shares
・ティッカー;KCS
・流通枚数;91,000,000KCS
・現在発行枚数;181,000,000KCS
・取り扱い取引所;Kucoinのみ
情報はCoinmarketCapより引用。

 

KCSの特徴

取引所発行であるKucoin Shares(KCS)。取引所の成長とともに時価総額が上昇するとは思うのですが、他にどのような特徴があるのでしょうか。

もっているだけで配当がもらえる!

Kucoin Shares (KCS)の魅力はこれに尽きるのではないでしょうか。

まずは公式から発表されている動画を見てみましょう。


KCSを保有しているとKucoin Bonusというかたちで配当のようなものがもらえます。

どのくらい配当がもらえるのかを自動で計算してくれるサイトが公表されていますので、
興味のある方はコチラからどうぞ。

現時点でのレートで少し計算を行った結果を記しておきます。
・1KCS = 16 USD のレートのとき
・1000KCS保有(16,000 USD )ならば?
・→1.82 USD分の仮想通貨がbonusとして毎日入る

実際にどの通貨がどれだけボーナスとしてもらえるのかもこのように表示されます。

kcs

ある程度の枚数のKCSを保有していないともらえる金額的には小さくなってしまいますが、
このなかからいくつかのコインは価格が上昇するでしょうから、それに期待するのが良いのかもしれません。

取引手数料の割引予定がある

これはBinanceに似た特徴ですが、KCSを一定数以上もっているアカウントは手数料の割引が受けられます。
これはホワイトペーパーからの抜粋で、
kcs2
こちらは実際に割引がてきようされることになったときの記事です。
kcs5
簡単に訳すと、
1.KCSホルダーのみKucoin取引所での割引を受けられます。
2.日本時間23時におけるKCSの保有量に対して、次の期間の割引率を決定する。これは翌日の23時まで継続する。
3.1,000KCSの保有ごとに1%の手数料割引が受けられる。ただし割引率の最大値は30%である。
4.ユーザーは割引率をチェックできる(画像参照)
5.これはKCSのコアとなる機能で、永遠に享受できるものである。手数料割引のレートは変更となる場合があるので注意すること。
となっています。

たとえば、
・5000KCS持っている人→5%の手数料割引
・40000KCS持っている人→30%の手数料割引
といった感じです。

Kucoinでのもともとの取引手数料は0.1%なので、
最大で30%の手数料割引を受けて0.07%で取引ができます。

Binanceでは0.05%の手数料で取引ができるのでそれと比べると見劣りしてしまいますが、
配当の分も考えると妥当なのではないかと思います。

KCSホルダーに特典

KCS保有量がある基準まで達しているKCSホルダーに対して特別なサービス(投資相談など)を提供する予定があるそうです。
kcs3
こちらも現時点では詳細が不明なので今後に期待です。

分散型取引所DEXについて

Kucoinは分散型取引所DEXの開設に注力しているそうです。
そしてKCSはそこでのガスとして使用できるようになる予定です。
kcs4

 

KCSの今後の展望

Kucoinができたてからまだ半年もたっていないので、KCSに実装されている機能はいまのところ少ないです。

逆に言うと、さまざまな機能が実装される前の安価なうちに仕込んでおくのが良さそうです。

KCSを購入するには?

残念ながら日本の取引所では扱っておりませんので、例えば、
Zaifでビットコイン(BTC)を購入。
・そのBTCをKucoinに送金。
KucoinでKCSを購入。
といった作業が必要になります。

↓ランキング登録しました。もしよかったらクリックお願いします。

仮想通貨ランキング

bitbank

アルトコインの購入はbitbank(ビットバンク)がオススメ

・セキュリティ万全

・アルトコインが豊富

・リップル(XRP)取り扱いあり

bitbankの公式サイトはこちら