レビュー

【池袋東口】「桑ばら」であっさり塩らーめんを実食したのでレポ

【池袋東口】「桑ばら」であっさり塩らーめんを実食したのでレポ

池袋には数少ない、あっさり塩ラーメンのお店「桑ばら」さんにお邪魔してきましたので、実食レポートをしたいと思います。

食べログで桑ばらの詳細を見る

食べログで桑ばらの詳細を見る

池袋東口から徒歩5分、「桑ばら」に到着

池袋東口から歩くこと5分、サンシャイン通りを過ぎたあたりの小道をスーッと入ると、桑ばらに到着します。

池袋の塩ラーメン屋桑ばらの外観

 

食券機の所に来てみると、何やら気になる張り紙が、、、。

桑ばらの謎の張り紙

 

ウハウハイヤイヤーってなんや!?!?!?

張り紙をもう一つ発見!

桑ばらの塩ラーメンはしょっぱいらしい

んー、なんか怪しげなお店に来てしまった感が拭えません(笑)
でもまぁせっかく来たので1食食べてみることにします。

桑ばらの気になるメニュー

桑ばらの券売機

桑ばらのメニュー、結構種類がありますね。

・塩そば(750円)
・塩玉そば(850円)
・梅塩そば(900円)
・塩ワンタンそば(1000円)
・塩チャーシューそば(1050円)
・冷やし塩油そば(850円)
・冷やし塩そば(900円)
・塩かけそば定食(850円)
・麺が太い塩そば(900円)
・塩煮干しそば(900円)
・特製塩そば(1050円)
・桑原タンメン(850円)
・元祖チャー麺定食(750円)
・塩油そば並(750円)

僕は塩かけそば定食(850円)を食べることにしました。
店主がウハウハイヤイヤーになるやつです。

謎の、塩かけそば定食をいざ実食

待つことなんとたったの1分00秒59で麺が登場します。どどん。

桑ばらの塩かけそばの登場

THE・SIMPLEですね。
張り紙の宣言通り、具は何も載っていません。

ラーメンが登場してすぐにコチラも登場。どどん。

桑ばらのどんぶり

なにこれ、めっちゃ良い匂い。よく混ぜて召し上がるように言われます。

とはいえまずは塩かけそばからいきましょう。
まずは透き通るスープを一口すすります。

ガツンとくるしょっぱさ!張り紙に宣言していた通り、しょっぱいです(笑)
ここまでしょっぱい塩ラーメンは初めてな気がするぞ?

でもイヤーな感じのしょっぱさではなくて、固めの麺とうまくかみ合っています。

次にどんぶりの方を食べてみます。
混ぜてね!とお姉さんに言われたけど、まずは混ぜないで食べてみました(笑)

お、これもしょっぱい!ということで混ぜ混ぜ。
混ぜるとちょうど良い具合になりました。

丼の上には塩豚が載っていまして、香ばしく旨みのある豚さんでした。
ネギもちょこっと乗っていて味に変化を持たせていてグッド。

個人的には麺よりもこのドンブリが好みだったかな~っていう感じ。
ただ普通の麺を頼むと、ブタや海苔、味玉もついてくるようなので、比較は少し難しいですね。

ご飯も食べたいときは定食を頼むと良さそうです。

 

帰り際には「寒い中ご来店いただき有難うございました」との一声。
こういったホスピタリティ溢れるお店は良いですね!ごちそうさまでした!

食べログで桑ばらの詳細を見る

食べログで桑ばらの詳細を見る

他のお客さんからの評判

▼裏そばっていうのがあるらしい。今度はこいつにトライしよう。

池袋の“シオソバ専門店 桑ばら”で、本日の裏そば。トッピングがすごいボリューム。桑ばららしい一杯。

 

▼桑ばらさんの公式ツイッターを発見!

桑ばらの詳細はこちら

「桑ばら」の詳細は食べログでご確認ください!

・店舗の詳細はコチラ
・メニューはコチラ
・口コミはコチラ
・地図、アクセスはコチラ

食べログで桑ばらの詳細を見る

食べログで桑ばらの詳細を見る

↓↓みんなも読んでいる人気記事↓↓