アマゾンの朗読サービスを無料体験して最大3000円ゲット!
レビュー

【池袋西口】ベジポタつけ麺えん寺でこってりつけ麺の実食レポ!

【池袋西口】ベジポタつけ麺えん寺でこってりつけ麺の実食レポ!

池袋の西口、北口そばにあるつけ麺屋さん、「ベジポタつけ麺えん寺」にいってきたのでレポートします。

ベジポタつけ麺えん寺の詳細はこちら

ベジポタつけ麺えん寺の詳細はこちら

池袋西口から徒歩3分、「ベジポタつけ麺えん寺」

池袋西口から歩くこと約3分、ベジポタつけ麺えん寺の看板が見えてきました。

ベジポタつけ麺えん寺のお店の外観

本日は日曜夜19時、そして店内空き2でしたので、スムーズに入店できました。

ベジポタつけ麺えん寺の気になるメニュー

ベジポタつけ麺えん寺のメニュー

メニューはこちらです。

・つけ麺(800円)
・味玉入りつけ麺(900円)
・肉増しつけ麺(1000円)
・味玉肉増しつけ麺(1100円)
・煮干じめつけ麺(800円)
・味玉入り煮干じめつけ麺(900円)
・肉増し煮干じめつけ麺(1000円)
・味玉肉増し煮干じめつけ麺(1100円)
・辛つけ麺(850円)
・味玉入り辛つけ麺(950円)
・肉増し辛つけ麺(1050円)
・味玉肉増し辛つけ麺(1150円)
・海老味噌ラーメン(800円)
・アサヒスーパードライ(350円)

今回は普通の「つけ麺」を「胚芽麺」で注文しました。
大盛りも無料なので大盛りに。
胚芽麺ともっちり麺の2つから選べたので、つけ麺と相性が良い胚芽麺を選択しました!

ちなみに胚芽麺ともっちり麺の違いはこんな感じらしい。

胚芽麺ともっちり麺の違い

 

テーブルにある説明文書を読みながら少々待ちます。

ベジポタつけ麺えん寺のおすすめポイント

ベジポタつけ麺えん寺の詳細はこちら

ベジポタつけ麺えん寺の詳細はこちら

 

胚芽麺のつけ麺をいざ実食

食券を提出してまつこと約10分、ついに胚芽麺のつけ麺が着丼しました。どどん!

ベジポタつけ麺えん寺のつけめんはこちら

麺からは小麦の良い香り、スープからは魚介の香りで食欲をそそります。

 

スープを覗いてみると、おや、トッピング的な具材はほとんど入っていないのかな、、、??

つけ麺えん寺のつけ汁を覗くが具材が見えない

まずはおすすめの胚芽麺を、スープにつけずにパクリ。
コシが強くて、噛めば噛むほど甘味がでてくる麺ですね。これだけでもいけそうです(笑)

スープは動物性も感じつつも、魚介主体で、ベジポタ由来の甘味は残念ながらそこまで感じませんでした。
しかし魚介つけ麺としてはめちゃグッドです!

麺とつけ汁の相性も抜群です!

スープを掘り進めていくと、いました。
細切りメンマとチャーシュー薄切り4~5枚が入っていたので、結構楽しめそう。つけ麺えん寺のチャーシュー肉つけ麺えん寺のメンマ

メンマは特に特徴なし、チャーシュー肉は脂がのっていて個人的には良い感じ
脂が苦手な人には、こってりスープとこのチャーシューの組み合わせは少しきついかも?

大盛り無料だったので大盛りにしていましたが、あっという間に完食。
ごちそうさまでした。

つけ麺を完食!!の図

 

他のお客さんからの評判

▼この人もベジ感を手に入れられなかったようです(笑)僕だけじゃなかった、、、!

ベジポタつけ麺えん寺@池袋 前回初回にもかかわらず辛いつけ麺を頼んでしまったえん寺。今日は普通のペジボタつけ麺を注文。美味しいスープだったが舌が未発達なためかドロドロのスープにベジはさほど感じず。胚芽入りの麺は美味しいし全体的にレベルが高いことには疑いなし。

 

▼はい、太麺なので提供時間が少しかかりまして、確かに待ち時間は拷問でした。

ベジポタつけ麺 えん寺 ・池袋駅北口から徒歩2分くらい どろっどろのつけ汁の割には飽きない味。一回食べたら病みつきになること間違いなし。 麺を茹でるのに10分かかるため、店に入ってすぐに食べたい人にはこの10分間は拷問と感じるであろう

 

ベジポタつけ麺えん寺の詳細

「ベジポタつけ麺えん寺」の詳細は食べログでご確認ください!

・店舗の詳細はこちら
・メニューはこちら
・口コミはこちら
・地図、アクセスはこちら

ベジポタつけ麺えん寺の詳細はこちら

ベジポタつけ麺えん寺の詳細はこちら