学生生活

【懇切丁寧に解説】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの始め方【登録方法】

【懇切丁寧に解説】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の始め方【登録方法】
街中で「Uber Eats」って書いてカバンを見かけたけど何??
Uber Eatsで配達をやってみたい!

こんなあなたに向けて、

  • Uber Eatsとは何か?
  • Uber Eatsパートナーのなり方
  • Uber Eatsで配達することのメリット・デメリット

を紹介していきます!

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは何ですか?

Uber Eatsは食事の宅配サービスのことです

Uber Eatsとは、

Uber Eatsのアプリを通して注文すると、レストランやファストフード店の商品を、指定したところまで届けてくれるサービス

です。

例えばあなたが

マックが食べたいなぁ
お気に入りのレストランの食事が食べたい!

と思った時に注文すると、家まで届けてくれちゃうサービスになっています。

Uber Eatsの仕組みを簡単に解説

Uber Eatsの仕組みを理解するために登場人物を確認しましょう。

  1. 注文をするお客さん
  2. 注文を受けるお店・レストラン
  3. 注文を受けた商品を運ぶ、Uber Eats配達パートナー

この3人が登場します。

Uber Eatsの仕組みを簡単に解説 (1)

このように、

  • お客さんがアプリを開いて、レストランに注文
  • Uber Eats配達パートナーがレストランにて商品を受け取り
  • Uber Eats配達パートナーがお客さんの元まで商品を配達

といった流れで、商品の注文から配達が完了します。

Uber Eats配達パートナーとして配達すると報酬がもらえます

Uber Eatsの配達パートナーになると、かなり自由に配達時間を選べます。
メリットが結構大きいので、時間がある学生や隙間時間に副業をしたい社会人のかたに最適かと思います。

そこでUber Eats配達パートナーに登録するための基本情報について紹介していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではいつでも好きな時間にパートナーとして活躍できる

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの最大の魅力は

  • シフトに縛られるない
  • 好きな時間に配達することができる

ことだと思います。

どんなに忙しい人でも、たまーに余暇時間ができることもありますよね。
そんな時にサクッと配達してみる。

または、学生で時間がめちゃくちゃ余っているから、毎日Uber Eatsで配達しててみる。

などなど、活用の仕方は人それぞれです。

自分のスタイルに合わせて配達できるって素晴らしいですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では報酬の振込が最短翌週に受け取れる

Uber Eatsは報酬までの振込がかなり早いです。
週払いシステムを採用しており、今週配達した分の報酬は、翌週にゲットできます

なので、急にお金が足りなくなってしまった時や、来週旅行に行くからそれまでにがっつりお金を仕入れたいときなどにもおすすめです。

配達可能な車両が複数ある

Uber Eatsを始める際に必要なのが、配達に使う車両ですよね。

  • 自転車
  • 原付バイク
  • 軽貨物車両

これらのどれを借りてもOKです。

また、Uber Eats配達パートナー専用プランを用意しているレンタサイクルもありますので、自分で車両を持っていない方でもUber Eats配達パートナーを始めることができますよ!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのデメリット

天候が悪いときは配達したくなくなる

外で配達をするのがUberEats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとしてのお仕事です。
なので、せっかく配達しようと思っても天候が悪いと、配達をするモチベーションが下がってしまいがちなんですよね。

しかし、天候が悪くなると、エリア内で配達している配達パートナーの数が減ってしまうというのはUber側としても問題視しています。

なので、Uber Eatsで配達しているパートナーが減ってくると、インセンティブがつきます

雨の中配達することで、報酬が増加するというインセンティブが働くので、デメリットはそんなにないのかなぁというのが正直な感想です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを募集しているエリアは限られています

Uber Eatsは便利なサービスなのですが、まだサービス提供エリアが制限されています、

なので、配達パートナーが活躍できる場所も必然的に限られています。

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 愛知
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 福岡

こちらの10都市でUber Eatsのサービスは利用可能です(2019年1月現在)。

サービスの対象エリアは順次拡大しているようです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法とその流れ

Uber Eats配達パートナーとしての登録方法は、普通のバイトの登録方法とは全く異なります。

なので、登録方法とその後の流れを簡単に解説していきますね。

取るべき3ステップはこちら。

  1. 公式サイトから会員登録をする
  2. 身分証などの書類を提出する
  3. アカウントの有効化をパートナーセンター、登録センターで行う

1.公式サイトから会員登録をする

アカウント登録は5分ほどで終了します。

入力する項目は以下の通り。

  • メールアドレス
  • 氏名
  • 電話番号
  • 都市

 

2.身分証などの書類を提出する

身分証などの書類提出はオンラインで行うことが可能です。所要時間は約5分。

提出書類は以下の通りです。

自転車の場合

  • 免許証

バイクの場合

  • 免許証
  • ナンバープレートの写真
  • 自賠責保険の証明書

3.アカウントの有効化をパートナーセンター、登録センターで行う

ここまでの登録作業が終了したら、パートナーセンターまたは登録センターに行って、配達パートナーとしてのアカウントを有効化しましょう。

 

これが終われば、早速Uber Eats配達パートナーとして配達できますよ!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーになって、時間を有効活用して副業しよう

Uber Eats配達パートナーとして配達するのは良いことづくめです。

  • 時間に縛られずに配達できる
  • 報酬の振込が早い
  • 面接を受けずに済む

少しでも気になったら、挑戦してみてくださいね!