未分類

WindowsPCでiPadをサブモニター化するアプリDuetDisplayが超便利

iPadをサブモニター化する便利アプリduet display(1)

「PCでの作業効率を上げるためにサブディスプレイが欲しい!」

こう思っても、サブモニターを買いに行くまではなかなか至りませんよね。
モニター代金がそこそこかかるし、スペースを取ってしまうし、何よりもめんどくさい。

 

なんか簡単な方法がないかなーとググっていると、なんと「iPad」をサブディスプレイにするアプリがあることを発見しました。
その名も「DuetDisplay」
まずは動画を見てみて下さい、雰囲気が掴めると思います。

実際にiPadをサブモニター化するアプリを導入したので、使い方と使い心地をレビューしていきますね!

iPadをサブディスプレイ化できる「Duet Display」

Duet Display というアプリの基本情報を見ていきます!

対応機種と互換性は?

  • 全デスクトップPC(OS X 10.9以上/ Windows 7以上)
  • iPad全機種(iOS 7.0以上)
  • iPhone全機種(iOS 7.0以上)

ちなみに私は、

  • Widows 10
  • iPad(第6世代)

を使用しています。

無料でダウンロードできるの?

残念ながら有料ですが、結構お得なお値段だと思っています。

  • サブディスプレイとして使う場合 ⇒ 1200円
  • タブレットとして使う場合 ⇒ 使用料2300円/年

普通のサブディスプレイとして使いたい場合は、1200円ぽっきりでOKです。

もしiPadでイラストを描くのに使いたい場合(筆圧感知など)は、追加で課金が必要です。

 

サブモニター化アプリ「Duet Display」の使い方

iPadにDuet Displayをダウンロードする

▼DuetDisplayをAppleStoreからダウンロードしましょう。

applestoreでduetdisplayをダウンロードする

 

Window PCからduetdisplay.comにアクセス

https://www.duetdisplay.com/

▼コチラにアクセスし、右上にある「Download PC」をクリックしましょう。

duetdisplayをPCにダウンロードする

PCにソフトウェアをダウンロード&インストール

▼ダウンロードが完了したら、PCへのインストールを済ませます。

duetdisplayをインストールする

PCとiPadをライトニングケーブルで接続

▼あとはiPad側でDuetDisplayを起動し、lightningケーブルでPCとiPadを接続すれば、字度的にiPadがサブディスプレイ化しますよ!

ipad上でduetdisplayを起動したときの画面

 

▼こちらは実際にiPadがサブディスプレイになった時の画面です。
うちの汚いPCですいません(笑)

ipadをduetdisplayでサブモニター化に成功した瞬間

そろそろこのPCも7年目になるので、買い替えたいのですがお金がなくて買い換えられずにいます、、、。

デュエットディスプレイを使ってみた感想と評判

手軽にサブディスプレイを用意できてめっちゃ便利です。

メインのモニターで執筆作業をしながら、サブモニターで調べ物の結果を表示することもできるので、作業効率も上がっていると思います。

その一方でデメリットをひとつあげるとすると、画面が少しカクカクします。
遅延ゼロということではなくて、タイムラグが少しあるイメージです。

他のユーザーのコメントをツイッター上にて発見しましたよ。

▼高評価。使用用途によるとの見方も。遅延のダメージを受けるものはサブディスプレイに表示しない方が良い。

 

▼超高評価

 

▼上手くいってない人もいるっぽいが原因は不明

 

マルチディスプレイ環境構築にはDuet displayが最適

iPadの使い道のひとつとして、Duet Displayは非常に優れているなと感じました。

iPadの活躍の場を失っていたという人にとっても朗報なのではないでしょうか。

 

興味を持った方は是非一度使ってみて下さいね!

 

【関連記事】iPad関連でよく読まれている記事はこちらです。

あわせて読みたい
ipadとiphoneの2台持ちはメリットだらけ
【超便利】iPhone、iPadの2台持ちはメリット絶大!オススメの使い方をまとめるよiPhoneと・iPadの2台持ちになって早1ヵ月経ちました。 買った当初予想していたより、iPhone・iPadの2台持ちはメリ...
↓↓みんなも読んでいる人気記事↓↓