【無料で1冊】耳から学んで差をつけよう。アマゾンの朗読サービスを無料体験!
学生生活

クソほど忙しい薬学部生でもできる、おすすめのバイトを5つ紹介

クソほど忙しい薬学部生でもできる、おすすめのバイトを5つ紹介
アーリー出川
アーリー出川
薬学部の大学院に通っています、アーリー出川です

ほんっとーーーーに、薬学部って忙しいんですよね。
授業・授業・授業の連続。

なかなかサークルに行く時間は取れないし、アルバイトをするのも一苦労です。

とはいえ、やろうと思えばアルバイトは全然できます。
実際僕は、スタバと家庭教師のダブルワークをしていました。

というわけで、そこそこのアルバイト経験がある僕が、超忙しい薬学部の学生に向けて、オススメのアルバイトを紹介していきます!

薬学部生が忙しい理由を紐解いていけば、あなたにもできそうなアルバイトが見つかるはずですよ!

マッハバイトの公式HPはこちら

薬学部生は忙しいけれど、アルバイトをすべきだと考える3つの理由

1. 実はアルバイトはリフレッシュにもなる

薬学部って授業がめちゃくちゃ多い。
いわゆるフルコマってやつの方が非常に多いと思っています。

で、授業を受けて、そのまま帰宅するというのは、生活としてはかなり味気ないんですよね。

なので、アルバイトをしつつ大学生活に新鮮な空気を取り入れていくと良いと思っています。

実際僕は、スタバで可愛い子と働くことで、日々のモチベーションを上げることに成功していました(笑)

2. 薬学部は狭い世界なので、アルバイトをすることで他の広い世界を知ることができる

薬学部の世界ってめちゃくちゃ狭い業界なんですよね。
学部に所属している人数もそんなに多くないので、知り合う人の数、タイプなんかも限定的。

なんとなーく似たような人が集まってくるので、居心地は良いんだけど刺激が足りないんですよね。

なので、アルバイトをしてよりいろんなタイプの人間と関わっていくと、人生に彩りが出てくると思っています。

3. お金を稼ぐ感覚は、薬学生のうちに知っておくべき

僕の体感値だと、薬学部にいる人ってお金を持っている家出身の人が多いです。

なので、ぶっちゃけお金には困っていないから、バイトをしなくても良いという人も結構います。

しかしそんな人こそ、いろんな人と交わりつつ、バイトをしてお金を稼ぐという経験は重要だと思います。
お金の有り難みを感じることのできる機会なので、まだ一度も自分の力でお金を稼いだことのない人は、ぜひバイトを初めてみてくださいね。

薬学部生がアルバイトと勉強を両立するための3つの方法、コツ

1. 薬学部生はアルバイトに割ける時間が少ないので、時給の高いバイトを選ぶべき

薬学部生は授業の数がめちゃくちゃ多いです。
そうすると、アルバイトに費やせる時間は必然的に少なくなってきます。

なので、お金を稼ぎたくてアルバイトする場合は、なるべく時給の高いバイトを選択するのが良いです。

2. 薬学部生のテスト前は尋常じゃないくらい忙しいので、シフトに融通のきくアルバイトを選ぶべき

薬学部生は普段から忙しいのですが、テスト前は想像できないくらい忙しくなります。

なので固定シフト制のバイトをしていると結構しんどくなりがちです。

そういった心配をしたくない人は、シフトに融通の効きやすいアルバイトを選ぶのがおすすめです。

3. いっそのこと、薬学の知識を生かしながら働ける場所を選ぶべき

アルバイトの中でも薬学の知識を活かしながら働ける場所もあります。

せっかく学んだ知識、アルバイトに活かしてみるというのもアリですね。

忙しい薬学生でもできるおすすめのアルバイトをタイプ別に紹介

短い時間帯でがっつり稼ぎたい薬学生にオススメの【高時給バイト】、家庭教師

短い時間でがっつり稼ぎたいのであれば、家庭教師がおすすめです。
時給はなるべく高いところを狙っていきましょう。

特に、薬学部合格を目指している家庭で家庭教師ができると良いです。

家庭教師の場合は、時給以外にも夕飯が食べれたり、何かと物がもらえたりするというお得感もあります。

マッハバイトの公式HPはこちら

時間的に忙しい薬学生にオススメの【好きな時に働けるアルバイト】、Uber Eats(ウーバーイーツ)

ここ最近流行っているのが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになることです。

Uber Eatsを利用したことがない方のために簡単に説明すると、Uber Eatsとは、注文した食品をデリバリーしてもらうサービスです。

例えばこんな感じ。

マックでチーズバーガーを買ってきてください!

と、Uber Eatsのアプリで注文すると、Uber Eatsの配達パートナーが注文された食品を配達してくれるというサービスです。

で、この配達パートナーには誰でもなることができるんですね。

そしてシフト制ではなくて、あなたがUber Eatsの配達パートナー用アプリを起動した時にだけ仕事を受けることができます

なので、授業やテストが忙しい薬学生にとっても、シフトの融通が効くため、非常に使いやすいシステムになっていると思います。

【懇切丁寧に解説】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の始め方【登録方法】
【懇切丁寧に解説】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの始め方【登録方法】2019年最新のUberEats(ウーバーイーツ)配達パートナーの始め方、登録方法を解説しています。Uber Eatsパートナーになるための流れが簡単にわかります。...

 

薬学部で学んだことを活かせる【薬学系バイト】、ドラッグストア

薬学部の人が薬学の知識を活かしながら働けるといえば、ドラッグストアでのアルバイトだと思います。

登録販売者の資格をとると時給が上がります。
薬学部で勉強しつつ、登録販売者の資格を取得し、がっつり稼ぐ。

これ、結構ありなプランだと思います。

マッハバイトの公式HPはこちら

 

薬学部の授業が長期休みの時にだけ稼ぐ【期間限定バイト】、リゾートバイト

薬学部は普段の授業は忙しいですが、長期休みはしっかりあります。

なので、こういった長期休みのタイミングで、リゾートバイトに行くのもありだと思っています。

リゾートバイトでは、海に入り放題だったら、スノボやり放題だったりと、お金を稼ぐ以外にも貴重な経験ができます。

こういった期間限定のバイトも活用すると、幸福感を高めることができるのでおすすめです。

▼おすすめのリゾートバイトはこちら
リゾートバイトならアルファリゾート!

薬学部生はクソほど忙しい。わかる。でもアルバイトをして得ることは大きい!

薬学部生は授業が忙しいので、バイトをするのが超しんどいですよね。わかります。

でも、あなたにあうバイトが必ずあるので、あなたの目的別に、バイトを探してみてくださいね!

マッハバイトでは最大1万円のお祝い金がもらえます!

それではまた。