Kucoin

【Kucoin仮想通貨その3】Dragonchain(ドラゴンチェーン・DRGN))

drgn1

Binanceほど有名ではありませんが、シェアを伸ばしてきているKucoin銘柄も紹介していこうという企画の第3弾です。
そもそもKucoinって?という方はコチラの記事をどうぞ。

ウォルト・ディズニー社が制作にかかわったとされる仮想通貨、Dragonchain(DRGN)です!


DRGNの基本情報

・名称;Dragonchain
・ティッカー;DRGN
・流通枚数;238,421,940 DRGN
・最大発行枚数;433,494,437 DRGN

・取り扱い取引所;Kucoinなど
情報はCoinmarketCapより引用。

 

DRGNの特徴

ディズニーのプライベートブロックチェーンプラットフォームとして誕生したDRGNですが、期待とは異なり、まったくディズニー感がありません。

堅実に、ビジネスを支えるプラットフォームを構築しようとしています。

シアトルにあるディズニーのオフィスでDRGNは誕生した。

先述のとおり、DRGNは2015年にディズニーのシアトルオフィスにて、ディズニーのプライベートブロックチェーンプラットフォームとして誕生しました。

しかし残念なことに、ディズニー内で使用できる予定などは現時点では一切ありません

唯一、ディズニー関連のオープンソースサイトでDRGNを発見することに成功しています。
drgn2

現状では、ディズニーとDRGNの関係性には期待せず、仮想通貨の機能を見ていくのが良いと考えています。

(ただもしどこかのタイミングでディズニーとの提携なり連携を発表したらすごい騒ぎになりそうですね、、、)

DRGNプラットフォームは様々な開発言語に対応している。

Dragonchainの開発環境は、JAVAやPython、ノード、C#といったメジャーな開発言語に対応しています。

一方でたとえばEthreumの開発に携わる場合、Ethreum独自の言語であるSolidityを学ぶ必要があります。

新たな開発者が気軽に参入できるというのは、今後開発を進めていくうえでアドバンテージとなりそうです。

安全で柔軟なプラットフォームを提供する。

drgn4
ホワイトペーパー上でこのような特徴があると述べています。

・サーバーレスシステムとスマートコントラクト
・スケーラビリティの克服(Amazon AWSとGoogleとの展開)
・安全性(ビジネスデータと事業の保護)
・多数の通貨に対応

などなどです。

このような特徴をもちいて、Dragonchainはビジネスを効率的におこなうプラットフォームを提供する予定です。

DRGNの今後の展望

最後にロードマップです。
drgn3
もう少し細かいロードマップもあるのですが、今回はこれを載せました。

注目すべきは2018年にプラットフォームを完成させる、と言っている点ですね。

またディズニー関連のはなしをもう少ししておくと、
なんとコチラのサイトの方が、DRGNのfounderに「ディズニーとの関係どうなのよ?」って直接聞いてくれています。

実際の答えはあいまいですが、ディズニーとの関連も少々高まりますね。

プラットフォームの完成とディズニー提携が同時にでたら、暴騰必須ですね~(もってないけど)

DRGNを購入するには?

残念ながら日本の取引所では扱っておりませんので、例えば、
Zaifでビットコイン(BTC)を購入。
・そのBTCをKucoinに送金。
KucoinでDRGNを購入。
といった作業が必要になります。

↓ランキング登録しました。もしよかったらクリックお願いします。

仮想通貨ランキング

bitbank

アルトコインの購入はbitbank(ビットバンク)がオススメ

・セキュリティ万全

・アルトコインが豊富

・リップル(XRP)取り扱いあり

bitbankの公式サイトはこちら