学生生活

【驚愕】修士、博士の大学院生は収入少なすぎてマジ貧乏でつらい件

【驚愕】修士、博士の大学院生は収入少なすぎてマジ貧乏でつらい件

記事タイトルそのまんま、

「大学院生になったら貯金なくなったしバイトできないし、マジで生きていくのに精いっぱい、、、」

という気持ちでこの記事を書いています。

修士、博士課程大学院生の収入源

バイトで稼ぐ

これは一般的なお金を手段ですよね。
おそらくバイトを継続している人は、学部生の頃からのバイトを継続しているのではないでしょうか。

  • 高時給
  • 日雇い単発

こういった案件は大学院生に優しいので良いと思います。
しかし時給が低いバイトなんかは時間の無駄なので、他のバイトを探したほうが良いかもしれませんね。

もしくはバイトをするのがリフレッシュになる!というところだったら継続しても良いかもしれません。
(ぼくがスタババイトを継続していたのは可愛い子と永遠に絡めるからという理由それだけです笑)

バイトル アルバイト・バイト探し、パート・正社員の求人情報
バイトル アルバイト・バイト探し、パート・正社員の求人情報
無料
posted withアプリーチ

 

貯金をすり減らす

収入といっていいのかは分からないけど、貯金を学部生の頃にきちんとしておくと良いです。
というのも大学院生になると、バイトできる時間が圧倒的に減ってしまうからです。

学部4年生になって忙しくなっても、バイトは減らさず遊ぶ量を減らしていくと、自然と貯金ができますよ。

親の仕送りで生活する

これ、結構多いのではないでしょうか?

特に学部から修士課程までの人は親の仕送りに頼っていると感じています。

「親の脛はかじれるうちにかじっとけ!」

というのを聞いたことがあります。

修士課程に進む際に親の了承がとれていてかつ家庭が裕福な場合は、親の仕送りを頼りにするのはぶっちゃけ最強です。

奨学金で生活費を賄う

親の仕送りに頼れない場合は奨学金を申請しましょう。

奨学金にもいろいろありまして、

  • 貸与型の奨学金(返さないといけないやつ)
  • 給付型の奨学金(返さなくてよいやつ)

があります。
無利子のやつもあったりしますので、いろいろ調べてみると面白いです。

修士課程に行く方向けに、奨学金制度を利用して1発200万円を手に入れる方法も紹介していますので参考にしてください。

あわせて読みたい
大学院生は奨学金の返還免除を狙おう
大学院生は奨学金返還免除を狙おう。1発200万円は美味しい、、、。 いまやかなり多くの学生が借りている奨学金。 そんな奨学金でも学生支援機構が提供している奨学金には、返還免除制度があることはご存...

 

修士、博士課程大学院生のお金の使い道

大学院生の収入の使い道

収入のほとんどは生活費で消えてしまう

僕は都内1人暮らしをしています。
そうすると家賃は高いし物価も高いので、せっかくの収入があってもほとんどそのお金は生活費に持っていかれてしまって、ほとんど貯金はできません。

このような割と貧乏な状況でも研究がしたい!という人でないと、修士課程に進むのは難しいと感じています。

1回の飲み会が大打撃

大学院生は余剰のお金をあまり持っていないので、飲み会1回の出費が大打撃です。
1回3000円くらいならまだしも、6000円くらいもっていかれたり、2次会まで行ってしまうことになると、もうゲームオーバーです。

かくいう僕は

「人付き合いは大事!」

という信念の元、誘われた飲み会は断らないでいました。

しかし貯金が減っていくにつれて、飲み会に行く頻度を減らし2次会にはいかないようにしました。
本当に仲良くしたい人との誘いだけ受けるようにしているので、お金だけでなく時間も有効活用できるようになりましたよ。

友達が結婚しようものならお祝儀

仲の良い友達が結婚して結婚式に呼ばれたら、「お祝儀」をもっていかなくてはいけないですよね。
1発で3万円はキツイですよね、、、これは本当にしゃれにならないくらい辛いです。

実際、修士課程に進む年齢になると、結婚する友達もぼちぼち増えてきます。

博士課程にいこうものなら、、、ねぇ、、、(震えが止まらない)。

ということで、バイトや仕送りで少しずつ貯金をしておき、いざという飲み会やお祝儀の時の費用を取っておく必要がありますね!

 

大学院を卒業すると年収は上がるのか

大学院を卒業すると年収はあがるのか

学部卒と大学院卒では初任給に差が出る

学部卒と大学院卒では初任給に約3万円程の差が出ます。(出典はこちら)
しかし給料に数万円の差しかないのであれば、学部卒で働いていた方が働く期間が2年長くなるので、経済面でいうと学部卒の方がお得ですよね。

でも実際には、修士をでていないと会社の中で昇進しづらかったり、転職のときの材料が少なかったり、給料の伸びしろが少なかったりして不利に働くこともあります。

今後の自分のなりふりを考えて、学部で卒業するか院進するかを決定した方が良いです。

大学院を卒業すると年収が高い理由

それはもうズバリ、「身に着けている専門知識の量が違う」からでしょう。

学部生の時と比べて、大学院生は勉強している量が明らかに違います。
スキル全般が高まっている大学院生と学部生であれば、大学院卒のお給料が上がるのは一目瞭然ですよね。

そしてお給料が高ければ年収も高くなるので、大学院卒の年収は、比較的高くなります。

 

まとめると、大学院を卒業すると年収は高くなります。
ただし、経済的に不安定な期間を乗り越える必要があるので、その覚悟がある人にのみ挑戦権が与えられると思ってよいです。

大学院生は収入を高めつつ支出を減らそう

ということで、もし大学院に進学したいor在籍している人の取れる選択肢はこんな感じになります。

  • 奨学金の情報収集をする
  • 時給がイマイチなら高時給のバイト先を探す
  • 貯金をする
  • あまりお金に困っていないなら、副業でコツコツ稼ぐ
バイトル アルバイト・バイト探し、パート・正社員の求人情報
バイトル アルバイト・バイト探し、パート・正社員の求人情報
無料
posted withアプリーチ

 

あわせて読みたい
あなたにもできる簡単な副業で金欠を卒業しよう
【始め方】あなたにもできる!オススメ副業で金欠を解消する方法6選副業元年といわれている2018年。働き方改革をうけて、副業を解禁した会社も増えてきましたよね。 あなたの知らないところで、この流れ...

お金に困らずに大学院生として過ごしたいものですね。
そのためには収入を増やしつつ、支出を減らしていくのが良いと思います。

ということで僕は今日も実験したり論文読んだりしつつ、こうやって記事を書いていきます。

それではまた。

↓↓みんなも読んでいる人気記事↓↓